ストーカー・DV被害

加害者への法的手段

証拠収集は第一ステップにすぎない

証拠を収集して、相手に制裁を加えるのは問題解決のゴールではありません。
おそらく被害者全員が心配しているのは「その後の報復」だと思います。
警察から加害者に対して行われる「接近禁止命令」や「拘留」は、単なる抑止力や一時的な措置でしかありません。
弊社では、このような不安に対し各士業と連携し「その後二度と同様の加害者から被害を受けない」ためのサポートを徹底致します。

証拠収集後の「防止策」について

加害者にバレない転居が理想

加害者に「接近禁止命令」が出たとしても、その命令を無視してやってくるかもしれません。
もし加害者が懲役刑になったとしても、刑期を終えた後に加害者は出所してきます。
大事なのは、加害者を立件するとともに、自身の居場所を相手に悟られないようにする事です。
適切な方法で居住地を移し、かつ仕事や育児など自身の生活基盤を守る為のサポートも行って参ります。

調査料金について

調査内容によって料金が変動致します。

ストーカー・DV問題では、その調査内容や目的、方針によって金額が変動致します。
詳しくは、ご相談下さい。

お電話でのご相談

ご相談は無料にて対応させて頂いております。
初めての事ばかりで不安も多いかと思いますが、お力になれれば幸いです。

TEL:0120-063-490

【相談無料】365日24時間ご対応

面談は完全予約制となっております。

メールフォーム

ご返信は3日以内となっております。
お急ぎの方は、上記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。

お名前

性別
男性女性

お電話番号

メールアドレス

ご希望のご連絡方法
電話を希望メールを希望直接面談を希望

ご相談種別
浮気調査素行調査行方調査結婚調査盗聴盗撮機調査DV・いじめ等その他の調査

ご相談内容