盗聴器・盗撮機発見​

年々巧妙化する手段と盗聴機器

関連機材の販売台数は年間20万台以上

一昔前までは、盗聴器や盗撮器といった機材の発見方法は、一定のプロセスに従ってマニュアル通りに手順をこなすものが主流でした。
ですが、近年では盗聴や盗撮に利用される機材やその手段が進化・巧妙化しており、一筋縄では発見できない事が多々あります。
また、盗聴器・盗撮器発見調査は「機材を見つけたら終わり」ではありません。
一体どこの誰が、何の目的で仕掛けたのか、までのフォローが必要になって参ります。

個人がターゲットとなっている場合

その多くは、ストーカーや嫌がらせが目的

盗聴器・盗撮器の種類は大きく分けて2つ

・無線式のもの
無線式とは、電波を用いて音声や動画を送信するものです。
この場合、犯行人物は必ず「受信可能範囲」に居ます。
また、電波が出ている為、盗聴器・盗撮器の捜索も容易です。

・無線式でないもの
無線式でないものが、近年盗聴や盗撮において多くなってきています。
電波が出ていない為、捜索は手探りで行う必要が多く「調査員の経験」によるものが何より重要になってきます。
音声や映像のデータは機材を回収して確認しなければならないので、犯人は必ず設置した機材を回収・再設置の為に何度も足を運んできます。

盗聴や盗撮をする人物

盗聴目的の場合は、私生活を盗み聞きしたいストーカー目的の人物や、近親者、及び近隣トラブルなどによって恨みを持っている人物による犯行などが挙げられます。
盗撮目的の場合は、ストーカー目的や淫らな理由によるものが多く、特に「元交際相手」や「一方的に好意を寄せてくる人物」による者の犯行が殆どです。
盗聴器・盗撮器の発見だけでなく、その犯行人物の特定や、場合によっては立件なども視野に調査を行う必要があります。

調査料金について

盗聴器・盗撮器の発見作業を行う範囲や構造によります

1R:15,000円~
1DK:25,000円~
1LDK:30,000円~
車内:8,000円~

それ以上の広さや場所の場合はお問い合わせ下さい。

法人がターゲットとなっている場合

被害状況からの推察が大切

内部による犯行の場合

内部の人間しか物理的にアクセスできない区画にある情報などが外部に漏洩している等の場合、内部の人間による犯行と考えるのが自然です。
その場合、多くは小型のICレコーダーや偽装収音機が利用されます。
これらは電波を発する事がなく、その存在は巧妙に隠されているため、機材についての知識が豊富な調査員による捜索が重要です。
また、犯人の特定や再発防止の為のプロセス作りも鍵となって参ります。

外部による犯行の場合

ある程度外部の者がアクセスできる区画にある情報などが漏洩している場合、外部からの悪意ある攻撃である可能性も視野に入れなければなりません。
その場合は、被害状況から使用されている機材の種類等を推察し、盗聴器・盗撮器の発見を行わなければなりません。
また、発見後の犯人特定や再発防止についても予め考える必要があり、状況によっては責任者及び役員等ともご面談の必要が発生致します。
その際は、機密保持契約等を以って、情報の保護に務めて参ります。

調査料金について

建造物の構造や被害状況によって調査方針を決定致します

オフィスビルの広さや、予想される被害によって調査対象場所・端末等が変動致します。
それに伴い、調査料金も変動致しますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

お電話でのご相談

ご相談は無料にて対応させて頂いております。
初めての事ばかりで不安も多いかと思いますが、お力になれれば幸いです。

TEL:0120-063-490

【相談無料】365日24時間ご対応

面談は完全予約制となっております。

メールフォーム

ご返信は3日以内となっております。
お急ぎの方は、上記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。

お名前

性別
男性女性

お電話番号

メールアドレス

ご希望のご連絡方法
電話を希望メールを希望直接面談を希望

ご相談種別
浮気調査素行調査行方調査結婚調査盗聴盗撮機調査DV・いじめ等その他の調査

ご相談内容