浮気調査・素行調査

浮気調査の目的と方針決定

浮気調査の目的にも様々なものがあります。

・不貞の証拠を掴み浮気をやめさせたい
・不貞の証拠をもとに離婚を有利に進めたい
・浮気相手に証拠を突き付けて手を引かせたい
・今後の事を考えるためにまず状況を知りたい 等など

証拠を掴んだ後に「離婚する」か「離婚しない」かが大分類

浮気調査の目的はご依頼者によって様々ですが、調査方針の決定にあたって最も重要となるポイントが、調査終了後に「離婚する」か「離婚しない」かという点です。
特に「離婚する」と既にお考えの場合、慰謝料請求や財産分与、親権や養育費についての問題も必然として考慮しなければなりません。
それに伴い、「どの程度までの証拠収集が必要か」を考える必要があります。

調査後に離婚をお考えの場合

重要な調査項目は以下の2つです。

不貞の証拠(2~3回を推奨)

・ラブホテルへの滞在
・浮気相手宅への滞在
・二人きりでの旅行
・車中での不貞行為 など。

複数回の証拠を撮影する事により、証拠能力の向上だけでなく「二人の親密さの証明」「体調を崩したので休憩のために寄っただけ」といった言い訳の論破が可能となります。

浮気相手の特定

・浮気相手の氏名
・浮気相手の住所
・浮気相手の勤務先

浮気相手に慰謝料を請求したり、法的手続きを行う際に重要な項目となります。
内容証明などを送付する際に氏名と住所が必要となる他、浮気相手の「職種や地位」を把握しておく事で、浮気相手への慰謝料請求の算定を有利に進める事が可能となります。

調査料金は配偶者or浮気相手に請求可能

調査料金が総額50万円以下なら請求可能

浮気調査の費用は配偶者や浮気相手に請求する事が可能です。
その際に大事なのが、料金が高額すぎず、調査方法に無駄がない「調査料金は正当なものである」という事が立証可能な事です。
この為にも無駄のない調査と、それを証明する質の高い報告書が大切です。

弊社での浮気調査の料金は50万円以内に収まる事がほとんどです。

調査方法についても「報告書を見れば一目瞭然」といった内容になっておりますので、多くのご依頼者がこの制度を利用して調査にかかった費用を慰謝料に上乗せして回収しております。

調査料金の目安

例1)浮気の日程が定かでなく、浮気相手も不明

料金体系:調査時間が定かでない為「期間調査(成功報酬制)」での契約
調査期間:調査員の経験上「1カ月」に設定
諸経費条件:遠方調査は無いと推察されたので、諸経費請求は無し
達成条件:不貞の証拠収集2~3回、浮気相手の特定
調査料金 350,000円

例2)浮気の日程が明白、浮気相手についても確認済み

料金体系:調査時間が定かな為「時間調査(成功報酬制)」での契約
調査時間:1日4時間を2回
諸経費条件:県外での不貞行為の為、旅費交通費を別途請求
達成条件:不貞の証拠収集2回
調査料金 74,000円

離婚しない・分からない場合

証拠収集と共に、後の生活の為の協議が大切です。

不貞の状況を把握し、一緒に未来の事を考えさせて下さい。

・不貞の状況が分かる映像を撮影、収集します。
証拠を収集した後、離婚せずに夫婦仲を取り戻したいといった場合や、相手を引かせたい場合、相手や不貞の状況によって対処は様々になります。
ご自身だけでの解決は想像以上に困難だと思われます。
折角収集した証拠が無駄になってしまわないよう、お電話やご面談にてアフターフォロー致します。
また、当然ながらご依頼者の心のケアも大事になってきます。
中々人に言えない事だからこそ、我々探偵にご相談下さい。

調査期間中に離婚を決意される方もいらっしゃいます。

不貞の状況を把握した後「やはり離婚したいので調査方針を変えたい」というご依頼者も大勢いらっしゃいます。
その際は必要に応じて、今後の生活の切り替え方や法的手続きのとり方、それに伴った調査方針の決定なども臨機応変に行えるよう体制を整えております。
「判断材料の為にまずは簡単に調査してほしい」といった方も、遠慮なくご相談下さい。

慰謝料を請求する場合、調査料金も併せて請求可能

離婚はしないけど「慰謝料は請求する」という方の場合

この場合においても、調査料金を配偶者や浮気相手に請求する事が可能です。
こちらでも大切なのは「調査料金が正当である」という点です。
浮気相手に請求する場合、浮気相手の特定までは必要になりますが、経済的負担を考えた場合の1つの手段として考えられるのも良いでしょう。
一般的に「離婚する」場合の調査に比べ、調査料金は下がる事が多い為、こちらも十分必要経費として認められる事が殆どです。

調査料金の目安

例1)退社してからの帰宅が遅いので確認してほしい

料金体系:調査時間が定かな為「時間調査(成功報酬制)」での契約
調査期間:退社から帰宅までの5時間
諸経費条件:遠方調査は無いと推察されたので、諸経費請求は無し
達成条件:退社から帰宅までの行動の把握
調査料金 40,000円

例2)慰謝料請求したいので浮気相手を特定してほしい

料金体系:調査時間が定かでない為「期間調査(成功報酬制)」での契約
調査時間:調査員の経験上「2週間に設定」
諸経費条件:遠方調査は無いと推察されたので、諸経費請求は無し
達成条件:不貞の証拠収集1回、浮気相手の特定
調査料金 200,000円

素行調査の目的と方針決定

尾行、張込によって調査対象者の行動を確認します。

近親者の素行がおかしいので調査したい
・社員に背徳行為の影があるので確認したい
・親権を取り戻すため元配偶者の行動を調査したい

など、素行調査の目的と理由は多岐に渡ります。
まずは調査目的と調査希望項目をお聞かせ下さい。

人権に関わる調査やストーカー目的などの違法調査はお請けできません。

正当な理由なく第三者の個人情報を取得したり、違法な目的・犯罪ほう助等に繋がる恐れのある調査については固くお断りしております。

お電話でのご相談

ご相談は無料にて対応させて頂いております。
初めての事ばかりで不安も多いかと思いますが、お力になれれば幸いです。

TEL:0120-063-490

【相談無料】365日24時間ご対応

面談は完全予約制となっております。

メールフォーム

ご返信は3日以内となっております。
お急ぎの方は、上記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。

お名前

性別
男性女性

お電話番号

メールアドレス

ご希望のご連絡方法
電話を希望メールを希望直接面談を希望

ご相談種別
浮気調査素行調査行方調査結婚調査盗聴盗撮機調査DV・いじめ等その他の調査

ご相談内容