裁判で有効な浮気(不貞)の証拠

浮気、不倫されたときに何が「証拠」になるのかご存じでしょうか。一般的に浮気(不貞・不倫)の証拠といえば、ラブホテルに入る写真をイメージされる方が多いと思います。しかし、浮気の証拠はこれだけではありません。
ここでは裁判において「不貞の証拠」としてどのようなものが有効(価値が高い)であるのかをご説明いたします。

浮気、不倫の証拠になるもの一例

さっそくですが、裁判・交渉で浮気・不倫の証拠になるものを挙げていきます。

写真

証拠として認められやすい写真ですが、具体的に以下のような写真が浮気・不倫をしていた証拠といえます。
①性行為_やその疑似行為、裸体写真
②ラブホテルや自宅に出入りしている所が分かる写真(入る所、出る所の両方)
③浮気・不倫相手と二人での旅行写真
④一夜をともにしたことが分かる写真(自宅、ホテル、旅館など)
⑤外泊した日に撮られたプリクラ
ポイントは、以下の点です。
・撮影日時が記録されていること
・複数回にわたる不倫(不貞行為)が明らかであること
・ホテルや自宅の出入りは、入る所と出る所の両方が写真に撮られていること
など、日付や回数などもポイントになります。

録音した音声データ・録画した撮影データ​

あなたの配偶者と浮気・不倫相手との間での、不貞行為が明らかである録音した音声データや、録画した撮影データがあれば、証拠としての価値が高いです。
ビデオカメラやスマホで録音・録画したものが一般的です。
①夫婦間の会話で、浮気・不倫の事実を認めた会話の録音
②不倫相手との電話の録音
③性行為やその類似行為の録音・録画データ
④ラブホテルや不倫相手の自宅から一緒に出てくる動画
⑤一緒に旅行に行っていることが分かる動画
ポイントは、以下の点です。
・不貞行為の事実が分かる音声や動画であること
・著しく反社会的な方法で集められたものではないこと
盗聴や盗撮による証拠集めは、違法に該当することもあるため注意が必要です。 例えば、「自宅以外(不倫相手の家など)にカメラを設定しての盗撮」「配偶者や不倫相手の会社に不法侵入して証拠収集」などは違法に値します。

メール、LINE

メール、LINEや手紙の文面も、浮気・不倫の証拠として認められることがあります。
①配偶者が浮気・不倫相手に送ったメールや、不倫相手が配偶者に送ったメールのコピー、文面を撮影したもの
②LINEでのメッセージやりとり
注意点として、スクリーンショットは、加工が疑われやすく、相手から偽造を主張されることがあります。可能ならば画面を撮影した方が良いです。SNSのDMやメールも同様のことが言えます。
近年、SNSがきっかけでの不貞行為が増えています。それに伴い、TwitterやFacebookのDMでのやり取りなども証拠として認められるケースが増えています。

浮気、不倫の証拠にならないもの一例

次に、証拠にならない、なりにくいものについて説明していきます。浮気、不倫の証拠にならないものとして以下のようなものが挙げられます。

【裁判・交渉で不倫の証拠になりにくいもの】

◎改ざんが疑われてしまうもの
◎異性といつも出かけているという事実
◎違法に集めたもの(盗聴、盗撮、盗み見)
1つずつ解説していきます。

改ざんが疑われてしまうもの

証拠として加工、編集できるものについては、証拠として認められないことがあります。それは、相談者の方が本当に何もしていなくても厳しいものがあります。
たとえば、
①デジカメやスマホカメラで撮られた写真や動画
②メールやLINEのスクリーンショットや文面をコピー&ペーストして保存したもの
③加工が可能な音声データ
などがそれらに該当します。デジタルデータで保存されたものは、証拠を有利なものにするために加工したとみなされてしまうことがあり、これらの証拠だけで浮気や不倫を立証することは困難です。
そのため、他の証拠も合わせて集めておくことや、加工が疑われない形(画面の撮影や、デジタルではないカメラでの撮影など)での記録をすることが重要となります。

異性といつも出かけているという事実

実は、相談者様の配偶者、パートナーが何度も異性と出かけているのを見たというだけでは、証拠として認められないことが多いです。「本当に何度も会っているのに!」と歯がゆく感じるかもしれませんが、誰かが見ただけでは、第三者に客観的に浮気・不倫の事実を知らせることができないからです。やはり、必ず何らかの形で証拠として残す必要があります。

違法に集めたもの

浮気・不倫されて感情的になっていると、違法な方法を使ってでも証拠を集めようとされるケースがあります。
具体的には、以下のようなものです。
◎盗聴器を使っての電話や部屋の盗聴
◎浮気・不倫相手の部屋にカメラを設置しての盗撮
◎携帯電話のデータを勝手に抽出し、データ化する
◎日記、手帳を窃取(盗み)しての証拠としての提出
◎配偶者が風呂に入っている時に、こっそりスマホの画面を撮影する
これらは、「違法収集証拠」とみなされ、裁判では証拠から削除されることもあり得ます。しかし、実際には、勝手に録音、録画したデータや、勝手に撮影・コピーしたメール、手紙、日記などが証拠として使われることがとても多いです。
また、注意しなければならないのが、著しく反社会的な証拠の集めをしているケース。例えば、「配偶者や不倫相手の会社に不法侵入して証拠収集」「不倫相手の家などにカメラを設定しての盗撮」などは法律に違反します。

GPS

GPSはプライバシーを侵害するものとして、違法とみなされることもあるため、注意が必要です。お客様ご自身でGPSをレンタルし、調査をしようとするケースがあります。現在GPSを用いた調査は、警察でも令状が必要な調査手法となっています。そのため、GPSによる証拠は弁護士に煙たがられてしまうのが現状であり、弊社としては推奨できない手法という認識でいます。
GPSは、探偵が調査する上で補助的に使う機材の一部であり、夫婦の共有財産である配偶者の車に「自身が設置する」のは法的に問題ありませんが浮気相手の車にこっそりGPSを仕掛ける行為は完全に違法になるため注意してください。

探偵として裁判で使える証拠を確実に集めます

証拠を集める上では、
①自分で集める
②興信所・探偵に依頼して集める
という方法があります。
自分で調査する場合、費用はかかりません。しかし、結婚相手やパートナーに顔を知られているので、尾行にせよ張り込みにせよ相当リスクが高くバレやすいのが事実です。また、「愛している」などのメールを見つけた場合、浮気を疑うことはできますが、それをどのように浮気や不倫と証明すれば良い分かりません。
一方、探偵は浮気調査のプロフェッショナルです。浮気調査が発覚してしまうリスクを誰よりも熟知しております。また、離婚を有利に進める、慰謝料を請求する時に必要な、裁判でも使える決定的な証拠を確実に集めてもらえます。浮気調査で大切なことは、相手が言い逃れのできない確実な証拠を揃えることです。
自分では浮気の証拠になると思っていても、実は証拠とならない場合があります。
判となった場合をあらかじめ想定して、どのような証拠が必要なのかを見極め、必要な証拠を集めるためにも、浮気を疑ったら、まずはプロの探偵に相談してみてください。
弊社では、とにかく無駄のない調査を実施する事を心がけております。
依頼者様が希望する調査であっても、経験上の判断から無駄と思える調査であるならお客様へ実施しないようアドバイスすることもございます。
浮気調査は依頼者様と密な打合せの上、実施することで、確実に、早く、安く調査が可能となります。是非、お気軽にプレーリー探偵事務所小倉駅前までご相談下さい。