浮気調査

悪い意味で予想を上回る対象者達

おはようございます。
連日調査続きだった調査員2人が事務所で溶けています。
まるで冷凍庫に入れ忘れたパピコみたいです。

夏休みで家族サービスの多いこの季節。
業界的に言えば浮気調査の件数は減る傾向にあります。
今年は去年よりも、現在案件は若干少ないように感じます。

その分、配偶者や子供が居るにも関わらず
この時期に平気で浮気に走る者たちの行動には
悪い意味で度肝を抜かれる事ばかりです。

今日は個人的に印象的に残っている
「そんな事するとは思わなかった」な対象者達の話です。

浮気デートに自分の子供を連れていく

「明日、嫁は子供連れて遊びに行きます」
この連絡を受けた時、我々調査員は思いました。
「あぁ、じゃあ流石に明日動く事は無いな」と。

それはそうです。
普通、どれ程不貞行為に慣れたからといって
子供まで連れていく事にはブレーキがかかるものです。
また、子供の口から浮気デートが発覚する恐れもあります。

翌日、念のため外出してから目的地に行くまでの間
私たちは半分尾行練習のつもりで後を尾けていました。
ところが車を運転しながらやけにスマホで連絡しています。
依頼者に確認しても「俺に電話は来てません」と。
「なーんか、嫌な予感がするな」と私たち。

そして目的地につき、駐車場に車を停車

やってくる浮気相手の車……。

「えぇ…まじかよ」と言いながらカメラを回す私たち。
結局、その日はまるで家族連れのような浮気デートが
私たちの前で繰り広げられ、際立って胸糞の悪い調査となりました。

最終的にその女性は
子供たちからも嫌われ、離婚に際して親権を失いました。

趣味は登山な浮気カップルの不貞行為

登山が趣味で出会ったという浮気カップルの調査。
普段二人が町中でデートする所を尾行しても
一向に不貞行為とされる状況が見受けられません。

「これは不貞行為の無いパターンか…?」
と、調査員が皆焦り始めた頃
「明日、主人はまた登山に行くそうです」
と依頼人から連絡が入り、登山尾行を決行する事に。

正直、色んなシーンでの尾行を経験しましたが
登山しながらの尾行というのは、これ1度きりでした。

しばらく距離を取りながらつけていると
突然二人が道を外れ林へと姿を消していったので
慌てて音を立てないよう茂みに隠れて追いかけると

なんと、山林の中で服を脱ぎ始め性行為に。

二人一組で調査にあたっていた我々は
互いに顔を見合わせしかめっ面…。

あまりにも直接的な映像になってしまった為
我々は早々にその場を退散し、調査を終了しました。
証拠としては申し分ない映像ですが、正直扱いに困りました。

結局、報告書や映像証拠としては提出しましたが
内容としてはただのワイセツなナニかです…。

こんな極端な事例も年に数回は発生してしまう為
どれだけ「まぁ、今日は無いだろう」と常識で思う事も

「でも、あんな事もあったしな…」

と、思い返して固定観念をぬぐうのです…。