浮気調査雑談

浮気男のパターン

雨が降る毎に季節の移り変わりを感じます。
プレーリー探偵事務所、代表の平原精二です。
この時期になると、外に出る前に天気だけでなく温度を必ず確認します。
昼と夜の寒暖差が激しく、昼夜で融通の利く服装が必要です。

ご主人の浮気調査についてのご相談は尽きる事がありません。
そして、毎度思うのは「浮気男の嘘は本当に分かりやすい」という事。
大別するとたった3パターンしかありません。

このパターンのどれかに当てはまったが最後
「ああ、こんな事をいう男はクロだな…」
と、確信を持った調査員達に証拠を掴まれる事になります。
今日はそんな、浮気男の性格パターンについてお話します。

1「虚言癖持ち」

虚言癖とは、自分を大きくみせる嘘を言う癖の事です。
「自分は年収〇〇だ」「今度有名な〇〇と会う」
「過去にこんな凄い事をした事がある」などなど

それが例え真実だったとしても言う必要の無い事を言う傾向があります。

自分を大きく見せようとするのは男の性(サガ)でもありますが
中でも「自分に自信の無い男性」がやってしまう傾向にあります。
元々自分に自信があれば、あえてそれを人に公言する必要もないのです。

そして、自信の無い男は時として「浮気する事」によって
男としての自信を得ようとするのです。
多くの女にモテる=自分は強いオスである という事実が欲しいのです。

浮気の内容は、どっぷりと浸かってしまい
後に引けない状態にまで陥ってしまう事が多く見受けられます。
また、女性相手に尽くし、束縛しがちな性質もよく見受けられます。

2「経済的、時間的に余裕がある」

これは非常に分かりやすい特徴の1つです。
勿論、この特徴を持つ全ての男性が浮気をするとは限りませんが
経済的、時間的に余裕のある男性は「浮気が容易に可能」です。

特に「特に身体目的、お金目的のセフレ」のような女性がつきやすく
浮気の内容自体は「飲食とラブホテル」といったシンプルなものが多いです。

3.「超絶八方美人」

時折見かけるのが、どんな人に対しても無差別に優しい男性です。
常にニコニコして気が利き、多くの女性にモテてしまいます。
結果、本人にはその意識が無くても、何人かの女性の気を引いてしまいます。

特に「悲劇のヒロイン」のような、可哀そうな自分を演出する女性の的になり易く、あれよあれよと言う間に離れられない関係にまで引きずりこまれてしまいます。

奥さんに対してもとても優しい為、浮気に気付きにくい傾向があります。
気付いた時にはその関係がとんでもなく深く、切れない物になりがちです。
奥さんに真実を明かさないまま、浮気相手と、もしくは一人で行方をくらましてしまう事もあります。

嘘というものは、それが嘘だと分かってしまった瞬間から刃になります。
そして、嘘を言う相手の言葉はどれもが信用できなくなり、言葉全てが刃になります。

配偶者の言葉が全て刃と化し、安心できるはずの家庭内で傷を負い続けるという悲惨な状態を数多く目にしてきました。
どんなに強がっていても、ご相談に来られる方の殆どが心身ともに深く傷ついています。
そんな状態で、人には言えない悩みを抱え続けられる人は居ません。
どうか相談だけでも、我々にお話しして頂ければなと思います。