浮気調査

浮気調査の期間中は「勝利の為の我慢」

こんにちは。
プレーリー探偵事務所、代表の平原精二です。

浮気調査の期間、おおよそ2週間~1カ月の間になります。
この期間、ご依頼者の方々の精神的な負担は大きなものだと思います。

調査開始初期の頃は
「証拠が押さえられるかの不安」に始まり
証拠が集まり始めると
「配偶者との生活に苦」が増大し
証拠が揃い終わると
「今後の生活の変化に対する不安」が生じます。

明確な方針とゴールを提示するよう努めています

これらのストレス全てに共通する要素は「わからない」が多い事です。
特に、先の見えない事象に対する不安はとてもつらいものです。

我々探偵や弁護士にとっては
・証拠というものがどのように役に立つのか
・どのように話を進めれば有利なのか
・明確なゴールはどこなのか
等の要素は当たり前の様に把握しきっている事です。

ですが、殆どのご依頼者の方はこれらの事が漠然としか分からず、大抵の場合未経験の事象です。
この事は、私たちはプロであるが故に薄れがちの意識なのですが、決して忘れる事なくご依頼者の方と向き合う必要があると強く感じています。

不安な時は電話してください

全てのご依頼者に、私の携帯電話の番号をお渡ししています。
不安やストレスというものはとても厄介です。
負のスパイラルが如く、思考回路が闇に落ちていく感覚がしますよね。
折角問題が解決できても、心に負を抱えたままでは将来に関わります。
そのためにも、一人で抱え込まずお話頂きたいと思っています。
友人やご家族には話しにくい事も多いと思いますので。