浮気調査

コロナ渦中でも減らない浮気

おはようございます。
プレーリー探偵事務所、代表の平原精二です。
今年は梅雨が非常に長く続いているようです。

雨の音が人の気配や足音を消してくれたり
出歩く時は傘で視界がかなり遮られたり
皆あまり外をウロウロしない傾向が続く…
調査には意外とメリットの多いのが雨の日です。

一番割りを食うのはバイク調査員。
調査終了後はずぶ濡れでげっそりしています。

コロナなのに浮気調査は減らない

コロナウィルスが流行り始めた当初
我は依頼件数が減るだろうなと思っていました。

ですが実のところ減っていません。
何故か平年通りなのです。

調査でラブホテルなどの駐車場に出入りして思うのは
「車の台数、相変わらず多いな…」という事。
減っている気配がまるでありません。

飲食店や密集地域などは避けるけれども
肝心の不貞行為はしっかりとする。
そんな状況がどうやら続いているようです。

まぁ、そもそも不貞行為をはたらく場合は
ある程度人が集まる場所を元から避けるし
「自制」よりも性欲が勝っているからこそ
不貞行為となっているわけですよね。

よくよく考えてみればそうか、と思うわけです。

P.S
お怪我をされたご依頼人の方
本来であればお見舞いに伺いたいのですが
コロナ渦中により病院側より面談許可がおりませんでした。
とても残念ですが、調査は変わらず続行して参ります。